悪徳なSEO対策会社を見抜くためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。まず注意したいのは、「あるキーワードで必ず検索順位を〇位を達成します」といったような検索順位を保証するような会社です。Googleの検索エンジンには、200種類を超えるアルゴリズムが存在すると言われており、それらが複雑に組み合わされることで検索順位が決定されています。検索アルゴリズムを全て把握していれば、順位を保証することも可能かもしれませんが、Googleの検索アルゴリズムは常にアップデートを繰り返しているため、それらを全て把握するのは不可能です。

また、「このようなキーワードで上位表示を達成しました」といったような実績を紹介している場合、それは一時的なものである可能性もあるため、現在の状況を確認するなどの慎重な判断が求められます。加えて、自作自演の被リンクを設置する、キーワードを大量に詰め込む、低質なコンテンツを量産するといった施策を勧めてくるような会社にも注意が必要です。これらのSEO対策を実施すると、Googleから悪質なサイトと判断されてペナルティを受ける危険性が高まります。したがって、このような施策を勧めてくるSEO対策会社とは絶対に契約してはいけません。

さらに、強引な電話営業などを仕掛けてくる会社にも注意しましょう。電話営業してくる会社の中にも優良な会社は存在しますが、電話営業に力を入れている会社には悪徳な会社が多いと言われています。そのため、電話営業などがあった場合は、巧みな営業トークにつられて契約しないように注意を払うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です