企業のホームページを運営している担当者にとっても、SEO対策は重要な施策の一つです。会社のホームページは名刺からURLを見てアクセスしてもらう事が多いですが、それが検索でも簡単にアクセス出来るに越した事はないからです。重要なのは会社名をしっかりと打ち出すことですが、サイトマップを正しく構築しておく事も重要です。また、商品を販売しているメーカーならば、その商品のページをしっかりと作っておくことも大事であり、商品を検索してきたユーザーを逃してはなりません。

SEO対策的には固有名詞は強い要素なので、そこを逃さずキーワードに盛り込んで集客しましょう。商品が少ない場合は良いですが、何十個もある場合はしっかりとカテゴリー分けを行いましょう。ずらりと商品ページが長くなるとユーザビリティが悪くなりますし、ユーザーの直帰率も高くなってしまいます。ユーザーから見たサイトの見やすさを意識すると、検索エンジンからの評価も高くなります。

SEO対策にそんな部分まで関係ないんじゃないか、と思うかも知れませんが、検索エンジンは年々賢くなっている為、直帰率やユーザビリティも判断して順位を決定しています。機械を相手にしていると考えるのではなく、人を相手にしているつもりでサイトを構築しましょう。そう考えると普通に真面目な対策が、単純にアクセスアップに繋がるのです。あまり裏技的な事を考えず、実直にウェブサイト構築を進めて行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です