サイエンスインスポーツはおしゃれに
2021年9月24日

スポーツ栄養学とはどのような学問か?

スポーツ栄養学とは何かというと、主に運動やスポーツ等を行う身体活動量が多い人に対して、必要な営業学的理論や知識それからスキル等を体系化した学問の事です。またパフォーマンスを向上そして最大限発揮出来るように、様々な理論を個々の目的や体に合わせてアレンジを行い、食べ物や飲み物それから効率的なサプリメントの取り方等を中心に栄養管理を行う事をスポーツ栄養マネジメントと言います。元々スポーツ栄養学は、栄養管理を効果的に出来るようにと考案されました。そして様々な大会でメダルや記録を狙えるようなトップアスリートに、伝授したりして成果を上げており、この積み上げてきた知識とノウハウは、管理栄養士資格取得の先にある専門職としても注目されています。

一見このスポーツ栄養学という学問は、スポーツに特化したものなので一般の人には関係ないと思われていますが、そんな事はありません。肉体労働者やサラリーマン、小さな子供から年配の人まで対象は全ての人です。何故ならこの学問を学ぶ事によって、各々が行いたいパフォーマンスを最大限に行えるように、何をいつどれだけ、そしてどのように摂取したらよいかという事を体系的に学ぶ事が出来るからです。このスポーツ栄養学のプロが、公認スポーツ栄養士です。

主にスポーツ競技を行っている人の健康の維持や増進を目的に栄養や食事面をサポートします。対象範囲はプロアスリートだけにとどまらず、アマチュアにジュニア選手等一般の人も含まれます。具体的な仕事内容は、食事やサプリメント、水分補給の管理に始まり、食が体にどういう影響を与えるか等、食に関する全体的なマネジメント等です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です